プログラミング学校で学び事とは
2019年1月24日

良いPython研修の見分け方

Pythonの研修を行ってくれる企業や会社はいくつかありますが、良いPython研修とあまり有効ではないものの二種類があります。

特に良いPython研修は、単純にモジュールの説明や紹介を行うだけでなく、モジュールの内部構造に加え仕組みやソースコードまで説明することによってその動作原理を説明しているのです。単純にモジュールをインポートして行うプログラミングではなく動作原理から学ぶことによって障害が発生したときにデバッグしやすくすることができます。それだけでなく独自にモジュールを開発して作業効率を改善させたりプログラムのソースコードを短縮することができるメリットもあるのです。

他にも良いPython研修は人工知能や機械学習に必要な高校数学の知識まで説明しています。機械学習や人工知能のモジュールを利用したプログラムを開発する際には数式を入力する必要があるのです。間違った数式や意味を理解せずに数式を入力していては実務で役立つソフトウェアを開発することは難しいです。

それだけでなくPythonプログラミングの汎用性も損ねてしまいます。だから高校数学や統計学などで使用される数式を説明することによって実用的なプログラムを開発できるようにしています。以上のことからモジュールの紹介だけでなく、その仕組み保守の方法に加え、開発に必要な高度な数学の知識などまで確実に説明していくものが良い研修であると言えるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *