プログラミング学校で学び事とは
2019年2月15日

通信講座で取得できるjavaの資格

通信講座で学べるプログラミング言語は複数ありますが、このなかのひとつjavaはアメリカの会社で開発されたもので、特徴は一度プログラムすればどこでも実行でき、Windowsでしか使用できない、UNIX限定などということはなく多種多様なアプリケーションに用いることができます。

実際にAndroidアプリの多くでjavaが使用されており、多数の企業において機能的なニーズを満たすとして選ばれている人気の高い言語です。javaの資格には種類があり、この言語の運営管理会社が主催するものとビジネス能力・技能に関する認定試験の開発や主催をしている会社が実施するものです。

運営会社が主催するものは開発作業未経験者向けのブロンズ、開発初心者向けのシルバー、中上級者向けのゴールドに分けられています。もう一方は入門者向けの3級、ミドルレベルの2級、上級者レベルの1級に分けられており情報系の大学などでも推奨されている資格のひとつです。javaの資格取得を目指そうと考えている場合は、今までに他のプログラミング言語を学んだ経験のある人ならわかりますが過去問題などを利用して独学で進めるのは結構難しいものです。

本格的にスクールに通うのも手段のひとつではありますがお金だけでなく時間もかかり、仕事が忙しい時などはなおさら難しいの現実です。こうした場合は通信講座を利用して資格取得を目指すのも有効です。通信講座なら比較的安価ですし、夜間や土日に関係なく自分のペースで学習できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *