プログラミング学校で学び事とは
2019年4月18日

アクセス解析やSEOまで考えたWebデザイン

ホームページなどを開設する際に、頼りになるのがWebデザインを行ってくれる会社です。

Webデザイン次第で会社や組織をより良い印象で理解してもらうことができます。一方で、ホームページに詳しくない人がおろそかしがちなのがアクセス解析やSEOといった視点です。ホームページの中に特定のタグを埋め込むことで、アクセス解析サービスサイトでのアクセス解析が可能になります。

どの程度の人が見に来てくれているのか?といった単純なものから、どういった言葉で検索して見に来てくれたのか?さらには、どこのページを閲覧していったのか?など閲覧者に関する様々な行動まで解析することができます。それによって、閲覧者が自分たちの何に興味を持っているのか?また、ページが理解してもらえているのか?まで推測することができるようになります。こういった情報を元に、ホームページに増やすべき情報や、今後新たに開発していくべきサービスや製品など自分たちが具体的に行うべき行動まで推測できるのは解析に必要なタグを埋め込んでこそできることです。

また、Webデザインが美しいページだけにこだわって、テキストを一切含まないものになってしまうと、検索エンジンにとっては何のページか分からず検索での評価に影響がでます。ホームページのページごとにタイトルが付けられますが、Title1などといった意味のない物ではなく、各ページの意図を理解した的確なタイトルが付けられる会社かどうかもチェックすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *