プログラミング学校で学び事とは
2019年5月12日

プログラミングの学校でc言語を習う際の留意点

プログラミングが益々重要と考えられるようになって、学校に通って習おうと考えている人も増えているのではないでしょうか。

その際にc言語を習えるということであれば、非常にいい機会だと思います。c言語はプログラムにおいてベーシックな言語で、使われる頻度がとても多いため、汎用性が高いです。また、ベーシックになっているだけあって、構造の理屈などが他の様々な言語を学ぶ際にも理解の助けになりやすいものです。つまりこれを学習したその先にも応用が色々ききやすいので、非常にお得と言えるでしょう。

いざ習う機会を見つけたら、留意しておくと良い点は、自分でも自宅でうんと復習や演習をすべきということです。大学ではないプログラミングの学校は専門学校的であり、カリキュラムは濃い中身に対して短期集中型の感覚でどんどん進んでいく所が多いでしょう。なので、自分でも時間を作って習得する努力が必要です。c言語であれば、汎用性が高いという分なおさらになりますから、学校でやったことを中心にして、自分で買った本を読むことなどと合わせてブラッシュアップしていきましょう。

また、出来ればその時に既に自宅にもパソコンを用意しておいて、実際にその上で自分でプログラムを書き、コンパイルして走らせてみることもとても重要になります。この実際にやってみるという手間を掛けたかどうかで、習得度や経験値に格段の差が出て、勉強した後どう生かしていくかに違いが生まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *