プログラミング学校で学び事とは
2019年5月15日

c言語のプログラミングを習うなら学校へ通いましょう

c言語は1990年代でよく使用されていた歴史あるプログラミング言語です。

現在では、オブジェクト指向の概念を取り入れたc++やマイクロソフトがc言語を拡張したc#など、拡張されたプログラミング言語が使用されることが多くなっているのが現状です。しかし、実行速度の速さが必要な業務システムやオペレーティングシステムにはc言語は根強く使用されています。c言語は習得の難しいプログラミング言語であると言われています。ポインタという概念の理解や最近のプログラミング言語では意識しなくても良いメモリ管理が必要であることなどが、その理由にあげられます。

プログラミングを習う場合、学校に通う以外にも通信講座などがありますが、学校に通って直接学んだ方が身につくケースが多いのでおすすめです。c言語の講座がある学校は数多くありますが、内容・期間・料金はさまざまです。基礎的な内容だけを教えるところもあれば、応用までしっかりと教えてくれるところもあります。

期間としては、3ヶ月から4ヶ月くらいが目安で、学校によっては回数制になっていて自分のペースで進めることができます。料金は12万円から15万円くらいが多いようで、内容や期間によって多少前後しそうです。多くの学校で無料体験ができるので、是非活用してみることをおすすめします。実際に肌で触れて感じることも多いものです。また、同じ学ぶ側からの意見として、評判や口コミなども参考にしてみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *