プログラミング学校で学び事とは
2019年5月18日

通信講座でc言語を学んでスキルアップをする

インターネット上で閲覧できるwebページというものは、カラフルなイラストや写真がたくさん用いられており、それをクリックすることで直感操作を可能にしています。

この表示方法のことを「HTML表示」といい、1992年にアメリカで開発されたまだ歴史の浅いコンピューター技術で成り立っています。本来の姿はプログラミング用語の1つ「c言語」を使ったコマンドで、ホームページを作成する際は基本的に今もc言語を使わなくてはいけません。昨今は世界各国でIT化が進み、日本では2020年から小学校の必須教育要綱にプログラミングも加わります。

基礎能力としてプログラミングと専門言語をマスターしておく必要があることがわかりますが、大人も今後生活、または仕事をするうえでスキルを身につけておくのが望ましいといえます。c言語はプログラム専門用語の中で比較的簡単なものであり、学校に行かずとも通信講座でマスターすることが可能です。c言語を学ぶための通信講座は数多くありますが、多くの場合テキスト・専用CD-ROMを用いて学習していきます。

専用CD-ROMには演習用問題とプログラムの基本構築方法が収録されていて、実際にホームページ作りを体験できるようになっています。通信講座の良い所は、開いた時間に自分のペースで学習できることです。お仕事をなさっている方でも、帰宅後ゆっくりと学習してスキルアップを目指せます。基礎知識を身に付けるには通信講座は非常に役立つツールで、c言語は今後副業に活かせる新たなスキル取得といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *