プログラミング学校で学び事とは
2019年6月3日

プログラミング研修の期間や給料

プログラミング研修といってもさまざまですが、一般的には会社が社員のスキルアップのために受けさせるものです。

会社の指揮命令下にある場合には給料も支給されます。とはいっても、研修中も同じ給料を支給しなければならないという決まりはなく、仕事をしているときよりは落ちることのほうが多いのではないでしょうか。また、新人の場合には研修中は試用期間だったり契約社員という勤務形態だったりして安定しない地位であることもあります。

プログラミング研修の期間は2カ月から4カ月程度が平均になると思われます。新人の場合には、その期間中にしっかりとがんばっておかないと正式採用にならなかったり、契約が更新されないかもしれません。真面目に授業を受けることはもちろん、遅刻をしないなど時間を守ることも大切です。遅刻はもちろんよくないですが、休憩を長めにとるとか席につくのがいつもギリギリという人もいるので注意しましょう。

勉強だけでなく社会人としてのマナーも見られています。新人の場合の給料ですが、求人に書いてあるので確認しましょう。「3カ月の研修あり。その期間中は月収15万円、正式採用された後は20万円」などと書かれているはずです。月額15万円程度では生活ができないということにならないように、事前にしっかりと条件を確認した上で応募してください。3カ月程度ではプログラミングをマスターすることは難しく、その後も仕事を通して勉強は続きます。
プログラミングの研修のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *