プログラミング学校で学び事とは
2019年6月6日

研修でプログラミングを勉強する方法

研修でプログラミングを勉強したいと思っても、自分の意志では難しいです。

なぜなら、研修は基本的に会社の指示で受けるものだからです。会社の指示なので受講料や設備費などのコストを会社がすべて負担してくれているばかりか、給料も支給されることが多いそうです。しかし、逆に言えば会社の指示がなければ受けられないものでもあります。プログラミング研修を受けられるかどうかは、会社が必要と判断するかどうかとなります。

コストを負担してまで社員のスキルをアップさせる価値があると思われなければなりませんよね。実は、プログラミング研修を自分の意志で受ける方法もあります。それは、未経験者向けのITエンジニアの求人などに応募することです。求人には「3カ月程度のIT基礎研修あり、その期間中は月収15万円」などと書かれているでしょう。

このような求人に応募して採用されたら、スクール費用がかからない上、給料をもらいながらプログラミングの勉強ができます。しかも、勉強したあとにすぐに会社が実務経験を積める場所を用意してくれるということなので、プログラマーになりたい人にとっては最短コースのルートと言えます。

スクールを出ても必ずしもIT企業に就職してプログラマーになれるわけではないですが、このような求人に応募すれば、すでに企業に採用された状態でIT基礎の勉強ができるからです。ただし、企業がコストを負担しているのでしっかりと対策をして面接に励んでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *