プログラミング学校で学び事とは
2019年6月21日

c言語を学ぶには講座の受講が効率的です

プログラマーやシステムエンジニアとってこれから作り上げるシステムについてどのようなプログラム言語を使用するか重要な課題ですが、基幹系やWeb系等によって開発言語は変わってきます。

基幹系であればc言語やJava、Perl、Web系であればJavaScriptやPHPを使用することが多く有りますがこれらのプログラム言語はc言語から派生したもので、この他にもAIで使用され人気のあるPythonもその一つです。c言語を学んでおけば、その他の言語の習得の難易度も下がるため、IT系会社のプログラマーや一般会社の社内SEが講座を受けて取得することを推奨することも少なく有りません。

講座の種類には、学校に行く通学や通信教育、ネットを使った講義等多数有りますが、会社に勤めている方には通信講座や、土、日や夜間に開講される通学が便利です。実際のシステム開発現場で使われるプログラム言語は多様化していますので、一つの言語に詳しいだけでは難しこともあり何種類かのプログラム言語が出来ることは、仕事に幅が出来ることになりますがそのような場合でも基本にc言語を学んでおけば、他の言語の習得が早くなりますので基本をしっかりと学びたい方に講座を受講することは重要です。

基幹系でc言語を使用してそれに繋がる端末はWeb系のJavaScriptを使用するような開発も一般的になっていますので、プログラマーやSEには必須の言語と言えます。他の言語を取得していれば、ネットでも学べますが、これからプログラマーやSEを目指す方は通学で講座を受けることをお勧め致します。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *